家づくりの流れ

1.まず家族会議

どんな家に住みたいのか?家への想いを家族全員で語り合い住みたい家のイメージを持つことが、夢のマイホームを実現する第一歩です。

2.ご来場・ご相談

家創りに関する様々な不安やご質問に、担当者がお客様と共に悩み考え、お客様目線で適した家創りの進め方を見つけていきます。

3.土地探し

土地をお探しの方にはお客様のご希望に合う土地を当社の広いネットワークからお探しいたします。不動産会社は売りたい土地から売ろうとしますが、建築に携わる当社では家を建ててよい場所しかお客様にご案内致しません。

4.リサーチ・敷地調査

土地の大きさや形状、周辺の環境や各自治体の条例等を確認しお伝えします。

5.プラン創り

お客様の希望をお伺いし、敷地にあう「世界にひとつだけの」オリジナルプランをご納得のいくまでお創り致します。間取りや3D、使う素材やイメージをご覧いただいてわかりやすく提案致します。

6.資金計画・ライフプラン

様々な要素を踏まえたうえで「資金計画」を立てます。その際、新築した場合にかかる費用と人生設計から見た返済期間、返済額の二つの面から見て進めていきます。お客様の「ライフプラン(生涯生活設計)」や「理想の暮らし」についても十分にヒヤリングさせていただきます。

7.お見積

プラン決定後、仕様等の詳細をお客様と選んで決めていき適正価格でお見積をお出しします。お見積の説明とあわせて登記費用や補助金についてもご説明いたします。

8.ご契約

全ての内容にご納得頂いた上でご契約を結ばせて頂きます。
楽しい家創りのスタートです。

9.コーディネート

外装材から内装材までの詳細をお客様と相談し最適の空間をご提案いたします。

10.地鎮祭

工事の安全と建物や家の繁栄を祈る儀式です。

11.地盤調査

軟弱地盤が隠れていないかどうかをしっかり調査し、地耐力を明らかにした上で最適な基礎仕様をお伝えします。
必要な場合は基盤改良を実施します。
いよいよ工事がはじまります

12.工事着工

本格的な工事が始まる最初の日です。
 
建物が建つ位置や高さを踏まえ、基礎を作っていく準備をしていきます。
 
この時点ではまだ自分の家が思ったより小さく見えます。
『えーこんなに小さいのー』という声がお客様から聞こえてきます。
安心してください少しずつ大きく感じてきます。

基礎完成までは1カ月くらいかかります。

13.基礎完成

合計4回のコンクリートを流して頑丈な基礎が出来上がりました。
私たちの作っている基礎はべた基礎といい、建物の重さを基礎全体で支える方法です。
また、基礎に水色の断熱材を張り付け、床下に入る外気をシャットアウトします。
 
基礎は建物を支える重要な部分です。
鉄筋の太さや配置、コンクリートの強さなど、合計3回の検査を行い基礎を完成させていきます。
 
こうなると最初のころより自分の家が大きく感じてきます。
でもまだ小さい。

14.上棟

建物の一番高い部分にある材料を棟(むね)といいます。
この材料を上げることを上棟といいます。
 
基礎の上に土台を乗せて柱を建て棟を上げます。
自分の家が出来た実感がわく瞬間です。
家の強さには柱の数、はりの大きさが重要になります。
中に入ると大きな梁にビックリします。
 
この時点ではまだどこが壁でどこが入口か分かりませんが、やっと家の広さが実感できます。

大工さんの工事は約2カ月ほどかかります。

15.構造

建物が地震や風を受けて揺れるのを防ぐ材料をすじかいと言います。
 
私たちの建物は建物の外回りにパネル状のすじかいを張りつけ建物の揺れを防ぎます。
 
窓の部分以外は壁も屋根も床もパネルを張ります。
地震の揺れを面で防ぎます。

16.構造

中に入ると壁の位置や窓の位置が分かるようになってきました。
 
こうなると図面と実際の建物のイメージが付いてきます。

17.打ち合わせ

私たちは図面からでは分からない部分を実際に出来上がっていく現場で少しずつ決めていきます。
 
まず1回目の打ち合わせは電気の打ち合わせになります。
家創りで一番失敗が多いのがコンセントやスイッチの位置です。
 
実際の建物で、置くものや使い勝手を考慮してひと部屋ごとに1カ所ずつ確認して変更していきます。
 
このあとも定期的に現場に足を運んで頂き、デザインや棚の高さ、壁紙の色や器具の種類などを決めていきます。
図面にとらわれずに、出来上がっていく現場を見たうえでの変更を重ねて満足のいく家を創っていきます。

18.大工工事の完了

上棟から建物をまとめてきた大工さんの工事が終わります。
 
天井、床、壁、ドア等を取付け、家の形を作ってきました。

2か月間毎日現場に来てくれていた大工さんがいなくなるとさみしくなります。

19.仕上げ工事(壁・天井)

大工さんが作った下地を仕上げていく仕上げ工事が始まります。
 
大工さんの後は壁紙屋さんや塗り壁を塗る左官屋さんにバトンタッチです。
 
約2週間かけて壁、天井を仕上げます。

20.仕上げ工事(器具の取付)

壁紙・塗り壁工事が終わると器具の取り付けに移ります。
 
便器・洗面台・照明器具などを取付けいよいよ完成に向かいます。

器具の取り付けから完成までは約2週間。

21.完成

全ての工事が完了しました。
 
水道、電気もつながり、もう住める状態です。
 
最後に水道、電気、建物の検査が合格になるとお引き渡しです。

22.お引き渡し

着工から約5カ月を経ていよいよお引き渡しです。
 
始めの家族会議で想いを語り合った世界に一つだけの夢のマイホームがいよいよ自分たちのものになります。
 
造り手側のわたしたちもうれしく少しさみしい瞬間です。

23.点検

弊社では、プランニングからアフターサービスまでを同じ営業、現場担当者が一貫して対応しています。
お客様との工事中の流れ、製品、建物の状況などを全て把握している為、万が一の時にもスピーディーに
対応できるように心がけています。
また、SNSを活用し、緊急のアフターメンテナンスに対しても、24時間電話対応ができるような体制を
整えております。