本文へ移動

スタッフブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

夏はいつもの

2018-07-11
 
茨城も梅雨が明けました。
 
しかも6月中に....  
 
ということは....
 
今年の夏はいつもより長いということなのでしょうか?
 
連日の熱帯夜   体が慣れるまで厳しい毎日です。
 
夏空の下、那珂市のジオパワー地熱の家の現場も順調に進んでいます。
 
夏は夕立があるため、雨男が心配ですが
 
屋根も外壁工事も完了しているので安心です。
 
井戸水のように夏は冷たいジオパワー地熱の家なら
 
今年の長い夏も快適に過ごせますので心配はいりません。
 
梅雨が明けたので   
 
那珂川の清流麵 ごぜんやまらーめん
 
買ってきました。
 
いつものこれ。 
冷やし ぶっかけ担担麺
 
夏はやっぱりこれです。
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ

那珂市移動式モデルハウス計画進行中12 <現場日記>

2018-07-10
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
本日、イシンホームオリジナルの床暖房、
「床暖冬涼夏」
の設置を行いました。
 
黒い箱のようなものが放熱器といって暖かい空気を作る部分になります。
この放熱器が全部で6台床下に入っています。
 
 
 
 
通常の家は、基礎の中に外の空気が流れますので1階の床の下は外になります。
 
イシンホームの建物は基礎の中にも断熱材を取り付け、
基礎の中にも家の中の空気が流れる基礎断熱工法になります。
 
この基礎の中の空間に暖房設備を設置して冬は足元から暖かくするのが床暖冬涼夏です。
 
 
 
通常の床暖房は冬しか出番がありませんが、この床暖冬涼夏は夏にも活躍できるところがすごいところ。
 
モデルハウスがオープンしたら冬と夏の快適性を是非体感しに来てください。
 
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

那珂市移動式モデルハウス計画進行中11 <現場日記>

2018-07-07
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
上棟して三日が過ぎました。
 
上棟当日4日の夜は雨
翌日5日も雨、
昨日6日も雨、
七夕の本日、やっと晴れ間が見えました。
梅雨明け後の梅雨といった感じでしたね。
 
現場では雨対策として屋根や壁にブルーシートを張っていた為、
雨に濡れることなく過ごす事が出来ました。
 
 
大工さんも室内でどんどん工事を進めています。
 
一枚数百円のブルーシートですが、現場では大活躍しています。
なくてはならないブルーシート。
 
ブルーシートのような人に私はなりたい。
 
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

祝 上棟現場にて 

2018-07-06
先日、行われた上棟現場・・。
 
みなさん、一生懸命働いています。
なんか大工さんは、「働く男達!!ッて感じでカッコいいですよね!」
 
こんなデータがあります。
小学生のなりたい仕事ランキング!!
大工さん 第6位
 
そんな小学生の為に・・・。
 
大工さんは「こんな道具もってるのシーリーズ」
 
これは何?
 
 
釘袋(くぎぶくろ)って言いまして、必ず持っています。
釘やトンカチやメジャーなどを入れます。
 
この釘袋を、かっこよく撮ってみました!!
作業している大工さんは、なんでお尻撮ってんだろう?(笑)
絶対、思っていたはず・・。(汗)
 
ただ、写真をぼかしただけか、イシンホームの宣伝なのかってのは言わないでください。
 
話が脱線してしまいました(笑)すいません。
 
職業の話でした・・。
 
大工さんを目指す子供達に・・。
釘袋が似合うカッコいい大工さんになってください!!
 
未来で一緒に仕事が出来る事を、森島建設工業は待っています。
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ

那珂市モデルルーム 祝 上棟

2018-07-05
7/4(水)那珂市菅谷にて「モデルルーム」が上棟いたしました。
 
構造で、四角く升目のように作る工法を剛床工法(ごうしょう)と言います。
 
メリットとしては、
升目に構造を組み上げ、24mmの合板板を貼る事により、横方向への動きに強い工法となるため、
地震や台風などの災害に強いことが最大の強みです。
 
合板は水に弱いといわれておりますが、合板にも水に対する強さの違いがあります。
森島建設工業では、水濡に濡れても大丈夫なタイプの合板を使用しておりますが、
お客様の不安材料にならない様に合板に養生をしっかりと行います。
 
 
このように、合板の上に粘着性のあるシートを貼り、万が一雨が降ってもシートが水濡れを防ぎます。
 
 
 
フクビさんの「イージーコート」と言います。
森島建設工業では、雨が降らなくても必ず「イージーコート」を貼ります。
合板が水に弱いというイメージと不安を少しでも解消したいと当社では考えているからです。
 
「お客様の家は、自分の家だと思い大事に工事をする」
 
 
因みに、モデルルームに限らず、森島建設工業では社長も現場で職人さんと共に作業をします。
 
会社一丸となって「お客様の家を創る」
森島建設工業って、こんな会社です。
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
TOPへ戻る