本文へ移動

スタッフブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

常陸大宮市で見学会開催中!

2018-06-30
本日6月30日(土)・明日7月1日(日)
 
常陸大宮市小貫にて、引渡し前のお客様のお宅をお借りした
現場見学会を開催しております。
 
イシンホームの家について、家についての考え方、ローンについてなどなど、
実際に見て聞いてみないと分からない事が現場見学会では分かります。
 
久慈川沿いにある「道の駅常陸大宮」から車で3分の現場見学会場。
 
遊びがてら是非お立ち寄り下さい。
 
 
詳しくはホームページのお知らせ・見学会をクリック!
 
 
 
 
 

那珂市移動式モデルハウス計画進行中9 <現場日記>

2018-06-29
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
本日、無事に基礎が完成しました。
 
今日は風が強かったです。
目が痛い。
 
梅雨真っ只中の工事でしたが晴れの日が続いたため、予定通りの完成となりました。
 
 
 
 
明日から大工さんが土台の敷き込みに入ります。
 
7月4日に上棟を予定しており、夕方には上棟式も予定しております。
昔ながらのおもち撒き。
是非いらっしゃって下さい。
 
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

梅雨の合間の地鎮祭!

2018-06-28
先日常陸大宮市で地鎮祭を行いました。
「地鎮祭」は工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。
 
当日はお施主様とご両親様も参加してくださり滞りなく行うことができました。
一番心配だったことは天気でした。時季も時季ですので降らないでくれ~、と祈るばかり。
その甲斐あってか、薄日が射すくらいの天候に恵まれました。
まぁ、お施主様をはじめとした参加者の日頃の行いが良かったからでしょうか(^_^)
 
 
2歳になるお子さんも当然初めての経験で、びっくりすることもなく大人しくできました。
やがて大人になってこのことは覚えていないかもしれませんが、パパと同じように家を建てることになれば
その時は主役になって、パパとママを呼んであげるのでしょうね。
当社も呼んでも貰えるように頑張ります。
 
家族3世代でお祝い事が出来るって良いですね。
 
梅雨の合間のホットな地鎮祭でした。
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 

那珂市移動式モデルハウス計画進行中8 <現場日記>

2018-06-25
こちらは元祖現場日記です。
 
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
本日、基礎の立上り部分のコンクリートを打ち込みました。
 
 
 
基礎の立ち上がりのコンクリートは建物の重さを基礎のベースと地盤に伝える役割があります。
柱が建つところや重みがかかる部分に必要で、基礎のベースの曲げによる負荷に耐える働きもあります。
 
 
また、下の写真の立ち上がりからひょっこり出ているボルトはアンカーボルトといいます。
 
 
 
アンカーボルトには基礎と土台をつなぐ役割があり、出ている部分は短く見えますが
全体の長さの3分の2以上の部分がコンクリートの中に入っているんです。
 
このアンカーボルトと土台をつなぐ事で地震や台風などでの建物の倒壊を防ぎます。
 
 
 
見えないところでがんばっているアンカーボルトのような人に私はなりたい。
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

営業から見た現場報告【コンビボード】

2018-06-25
いつも、当社の監督さんが、現場日記を更新してくれているので、今日は営業サイドからみた現場報告をしたいと思います。
監督さんに「パクるなって怒られるかも・・」(笑)
 
タイトルに書いた「コンビボード」とは
正式名称 DAIKENさん「床コンビボード」と言います。
 
写真のように、合板の上に貼ります。
 
一般的な建築屋さんは、合板フロア+フローリング。
合板の上にフローリングを直接貼る事が多いと思いますが、
当社では、合板+コンビボード+フローリング。と三層になっています。
 
フローリングの下に、コンビボート、合板フロアと三層にして床を仕上げます。
こんな感じです。
 
合板とフローリングの間に「コンビボード」を挟む事により
2Fから1Fに床から響く足音や物音などの音小さくを和らげ、
さらに、断熱性を高める事が出来ます。
合板の厚みが24mm+コンビボード9mm+フローリング12mm=45mm 
三層の厚みを(45mm)床で確保できます。
 
なので、よく完成見学会に来ていただいたお客様から
「なんか床が違いますね?」と言われる事があります。
 
クッション性に優れたコンビボードが、音を吸収させている結果なのか?
 
「ちょっと、うれしくなります」
 
本来、2層でも良いのですが、当社は3層を選択しています。
 
なぜかと言うと、森島建設工業では「目に見えない所こそ大事」だと考えているからです。
ぜひ、当社の見学会に来て頂き、ちょっと違う目線で建物を見て頂ければありがたいです。
 
「2層ではなく3層」見た目はわからないですけどね!!
 
2層とか3層とか言っていると・・。
2足でもサンダル♪ 3艘で~もヨット♪♪
むかし、こんな歌あったの思い出しますね?
 
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
TOPへ戻る