本文へ移動

スタッフブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

那珂市移動式モデルハウス計画進行中7 <現場日記>

2018-06-21
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
本日は基礎のベース部分のコンクリートを打ち込みました。
 
今日は良い天気で最高のコンクリート日和でした。
 
 
 
 
そもそもコンクリートって何だろう?
 
コンクリートとは、セメントと砂と砂利と水を混ぜたものをいいます。
コンクリートの強度はこの4つの配合の割合で決まります。
 
 
 
コンクリートは現場で打ち込む時はドロドロの状態ですが、
セメントと水が反応して徐々に固まっていきます。
この固まるまでの間に厚みを確認しながら平らにならしていきます。
暑い時期はすぐに固まってしまうので時間との勝負です。
 
コンクリートの強度は季節や気温、基礎の上に載る建物の重さを考慮し、
決めていきます。
また、コンクリートの厚みも建物の荷重を支える大切な部分になります。
 
建物に合わせ強度を確認していくのも私たちの仕事です。
 
 
 
基礎って見えなくなってしまう部分ですがとっても重要な部分なんですね。
 
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

那珂市移動式モデルハウス計画進行中6 <現場日記>

2018-06-19
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
梅雨の晴れ間をねらって、今日は鉄筋の組み立てを行いました。
 
今日は良い陽気で最高の仕事日和でした。
 
 
 
そもそも鉄筋って何のために入れるんだろう?
 
基礎は鉄筋コンクリート構造といい、文字通り鉄筋とコンクリートを組み合わせたつくりになります。
 
鉄筋は圧縮には弱いけれど引っ張る力には強い。
コンクリートは曲がる力に弱いけれど圧縮される力に強い。
この両者の良いほうをとったものが鉄筋コンクリート構造です。
 
この最高のバランスをとるためには鉄筋の太さや間隔、繋いだ時の重なり、コンクリートとの距離など
細かい基準があります。
この基準をクリアして初めて強い基礎ができます。
 
 
 
弊社では監督・職人さんが共通の知識を持ち、その基準がなぜ必要なのかを理解しながら工事を
行っております。
 
今日で鉄筋の組み立てが終わるので
明日は瑕疵保証の基礎検査を行い、合格になったら
天気が良さそうな明後日、平面部分のコンクリートを流す予定になっています。
 
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

岡山県(本部)研修に行ってきました。

2018-06-18
おはようございます。先日、岡山県に出張してきました。
何故、岡山なのか?と言いますと、イシンホームの本部が岡山県だからです。
 
 
 
展示場を見たり。内観したり。
 
 
流行の建物は何なのか?
 
などなど、勉強してきました。
 
全国の加盟店が方達が一同、岡山県に集まり、他県の流行は何なのか?とか。
新しい、建材の話やデザインなど・・。
 
お客様に説明しやすいように、新しいツールの説明方法などなど・・。
 
良い勉強になりました。
 
 
行きの、タクシーの運転手さんに、
「どこから来たの?」
 
【茨城です】
 
「茨城県かぁ~。関東のだよね? 遠い所から大変だったでしょう。ただ、関東でもどこの位置に、
茨城県があるかはわからないんだよね?西の方の人はね?」
 
【茨城が関東なのを分かってくれるだけでありがたいです】
「せっかくだから、岡山県を楽しんでいってね?」
 
【ありがとうございます】
 
岡山県の人柄なのでしょうか?
いろいろ岡山の名産や観光スポットなど、気さくに声を掛けてくれました。
ありがたかった~。
 
ただ、「いばらぎ」じゃなく「いばらき」です。
とは言えなかったぁ~・・。
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ

那珂市移動式モデルハウス計画進行中5 <現場日記>

2018-06-16
那珂市菅谷移動式モデルハウス。
 
昨日はあいにくの雨で工事はお休みでしたが、
今日は雨が降らなそうだったので、型枠の組み立てを行いました。
 
今日は少し寒いくらいの天気でしたね。
 
 
今日型枠が組み終わると、来週から鉄筋の組み立てに入ります。
来週も中頃から天気が悪そうですね。
 
来遊中にコンクリートは無事に打てるのでしょうか・・・
 
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
 
 
 

お引渡しはいつも

2018-06-15
先週、イシンホーム・地熱の家(ジオパワーシステム)体感館として2年ほど
公開していた移動モデルハウスを売却し、お引渡ししました。
 
森島建設工業㈱では移動モデルハウスを2年ほどで売却するスタイルをとっています。
なぜかというと、
3年経ってしまうと住宅の流行やイシンホームの標準仕様もかなり変わってきてしまうからです。
 
そして、モデルハウスは33~36坪のものしか建てません。
なぜかというと、
総合展示場に建っている50~60坪のモデルハウスは大きすぎて全く参考にならないと
ご来場のお客様からお聞きすることが多いからです。
 
 
同じような家を量産する建売住宅会社とは違い
森島建設工業㈱は那珂市の注文住宅会社です。
 
スタッフが全員でアイデアを出し合い、モデルハウスを造りあげていきます。
そのこだわりや気持ちはお客様が家を造る時とひとつも変わりません。
 
だから、モデルハウスのお引渡しはいつも
 
うれしいけど少しだけさみしい気持ちになります。
 
 
 
茨城県の県庁所在地水戸市、主要企業が多いひたちなか市・日立市・東海村に
アクセス良好な那珂市に拠点をおく森島建設工業㈱
自由設計の新築・リフォームの事ならイシンホーム・地熱の家の森島建設工業へ
TOPへ戻る